So-net無料ブログ作成

授業の進め方

(中学生)
 「学校のワーク」が教材の中心です。
 週2時間以内の生徒はワーク、教科書以外の教材に触れる機会は少ないです。
 進みの速い生徒はワークでどんどん先の単元に進みます。
 復習、宿題も基本的にはワークです。

 入塾時に「勉強の仕方がわからない」と言われることがありますが、則天はいたってシンプルです。
 テストまでにワークを最低3周してください。
 点数になっていない子は1周、もしくは1周もしていないことが多いです。


(高校生)
 学校の教科書が教材の中心です。
 教科書も理解できていないのにその先はない、というのが則天の基本です。
 進みの速い生徒は教科書でどんどん先の単元に進みます。
 来る時間が少ない生徒は学校の進度に追いつけないので、常に後手にまわっています。
 逆にコツコツ来ている生徒は、学年順位1桁というのも珍しくはありません。

 高校生はコツコツ通って指定校推薦をもらう、というのもモデルケースになると思います。


(小学生)
 目指しているのは中高で苦労しない計算力の確立です。
 細かい部分より、まずは計算できることが重要と考えています。
 市販のドリル(宿題用)、教科書などが教材の中心です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

その他

塾を開いた理由

・経済格差による教育格差の解消

最近になってニュースになったりしていますが、生徒に直接関わるものとして、
この不平等に心を痛めていました。
経済的なものは生徒本人にはどうすることもできないものなので、
公が対応を取れていない以上、なんらか私が担うべきであろうと考えました。
教育は国の礎ですので、速く公がしっかりとした対応を取ってくれることを祈るばかりです。

それでも塾を開いたときよりは、全体的な状況は少し良くなっているかもしれません。



・勉強環境の提供

やろうと思っていても、家ではなかなか勉強できないというのは現実問題です。
できる人からすると甘えているようですが、能力がある子がこの状態で能力を腐らせているのも事実です。
自己責任で切り捨てるのは簡単ですが、教育に携わる人間はこういうものをもったいないと思うものだと思います。
土日祝日等、長時間時間を取れるときは塾は開けて対応しています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

20171030

20171030.PNG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

20171029

20171029.PNG
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

20171028

20171028.PNG
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

20171026

20171026.PNG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

20171023

20171023.PNG
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

20171022

20171022.PNG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

20171021

20171021.PNG
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

20171019

20171019.PNG
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事